【忘備録】Surface Pro7でWi-Fiが繋がりにくかったので、Windows10の設定を変更したら(たぶん)直った

現在、購入後3ヶ月ほど。購入当初は問題なかったが、何週間か前から

  • WiFi接続が頻繁に切れる
  • 再接続しても繋がらない(ステータス上は繋がっていることになっている)
  • 繋がったとしてもなんか遅い(Skypeでのチャットがカクカク)

という状態になってきたので、Windows10の設定を変更したメモです。

目次

参考にした記事

以下の記事を参考にしました。

解決方法は以下の通りです。

[ハードウェアマネージャー]>[ネットワークアダプター]>[Intel AX201]>[詳細]>[MIMO省電力モード]の設定を[自動SMPS]から[SMPSなし]に変更すると問題が修正されると思われます。

さらに電源とスリープの設定で[ネットワークから切断]>[常に]に設定することで、省電力モードの切り替えを減らすことが出来ます。

Surface Pro 7、Laptop 3でWi-Fiが遅い不具合が発生しているらしい。

同様の問題はSurface Laptop 3でも発生しているようです。

結果

私の場合はこれで解決したようです。設定直後、明らかにPCの挙動がキビキビしだしました。

個人的な防備録ですが、他の方の参考になればと思います。

この記事を書いた人

香港在住6年目。Webマーケティング(SEO・ブログ・SNS)と仕事術、海外の話(海外生活・移住・出産・育児など)

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる